CO2を減らす樹脂

植物性樹脂

紫外線カット樹脂

生分解促進樹脂

透明化樹脂

ナノベシクル化

ナノベシクル化とは、物質を特別な方法で小さいカプセルにすること。いろいろな分野の製品に使える技術です。少し混ぜるだけ

 

でも同じ効果を生むため値段が安くなります。

CO2を減らす材料をナノベシクル化によって小さくしました。それを樹脂と混ぜて、CO2を減らす樹脂を作りました。普通の樹脂

 

と比べて、燃やした時のCO2の出る量が約60%少なくなりました。

デンプンを70%混ぜた樹脂です。石油を使わないので環境に優しい製品です。カーボンニュートラルの考えによりCO2の出る量を

 

70%減らすことができます。

紫外線を吸収する材料と樹脂を混ぜた樹脂です。ことにより長い間安定した紫外線を吸収してくれます。食べ物を包む事ができる

 

ので、賞味期限が長くなるなどの効果があります。

生分解促進樹脂とは、簡単に言うと土に戻る樹脂です。土や水の中には小さい生き物がたくさんいます。その生き物の力を借りて

 

土に戻っていきます。

ナノカプセル化によって透明な樹脂ができました。釣り糸に使うと魚から仕掛けを分かりにくくすることができます。また繊維な

 

どに使うと透明感のある商品に仕上げたり、輝きを持たせることができるので商品の価値を上げる事ができます。

◇何を作っているところなの?